ランニング中に僕が密かにしていること

雑記

スポンサーリンク

最近ランニングしてて思うこと

僕が主に走っているところは、約2kmくらい割りと直線になっている道路の歩道で、特別ランナー用のコースとかではないですが、

車道と歩道がちゃんと分かれているし、歩道自体も横に4人くらい並べる広さがある整備された道なんですね。

どちらかと言えば郊外に当てはまる場所で、車の往来の方が断然多いですし、特に何があるってわけでもないので歩いている人もまばらです。

歩道

が、ここ数年は割りと走っている人にすれ違うようになってきました。

土日の昼くらいに走れば、同じくランニングやジョギングしている方に必ずと言っていいほどすれ違います。

それまでも歩いている人はいましたが、走っているのは僕だけって時がほとんどでしたし、郊外のこの場所で同じく走っている人にすれ違うと、ちょっと嬉しくなって、

「おー、頑張ってるなー」

と勝手な上から目線ですが、いい刺激受けますしテンションも上がったりします。

ランニング中に僕が密かにしていること

で、この上がったテンションを何か表現できたらなーってこれまた勝手な思いから、同じくランニングやジョギングをしている方とすれ違う際には、軽く会釈することを密かに始めてみました。

トレッキングやハイキングですれ違い際に行われている挨拶みたいな感じで。

登山

会釈するようになってから意識して見るようになりましたが、ランナーの方は男女関係なく割りと年齢層広い感じで、学生さんだったり結構年配の方もいたりして、

そんな方々とすれ違う際にさり気なーく目を見て、なるだけゆっくりした動作と自分で穏やかだと思う表情で会釈してます。

会釈をした結果…

とは言え、これは僕が勝手にやっていることで、会釈を返して欲しいって期待もあまりないですが、まー見事にシカトされます。笑

当然といえば当然ですが…。

この前、走り方がとても綺麗で割りとガチ系のおそらく学生さんにも試みた時には、キョトンとした表情で颯爽と過ぎ去っていきましたが、気付いてくれてただけでもちょっと嬉しかったです。

会釈を始めて思うこと

一人で集中して走っていたいって方には迷惑な行為だと思いますし、突然会釈されて驚かせてもいけないので、余計なことはしない方がいいのかもしれません。

が、走っている時は割りと孤独ですし自分の時間使ってランニングやジョギングに励む者同士、何かしらのかたちで励ましあえたらなーとの思いから今日も会釈を続けています。

おわりに

もし、この雑記を読んでくれて、走っている時に会釈してくる男にすれ違った際には、ちょっとだけリアクションして頂けると僕にとってもすごい励みになります。

表情

って完全に個人の身勝手な思いを書いてしまいましたが、ここまで読んで頂きありがとうございました。